skip to Main Content

ドア・引戸・折戸などの建具金物、クローゼットなどの収納の金具や家具金物、手摺や物干し金物など「住まいの金物」の製造、販売。

「日経IR・個人投資家フェア2019」にて受けたご質問

  • 2019年8月28日

先日開催された「日経IR・個人投資家フェア2019」にて、アトムリビンテックのブース並びに会社説明会に、たくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。
数多くの投資家の方々とお話ができて、とても勉強になりました。
今回は、皆様と色々なお話しをする中で、いただいた質問をいくつかご紹介します。

 

Q どんな会社なの?
A 本社が台東区入谷にある今年で創業116年となる会社で、家具金物・建具金物など、住宅用内装金物全般の企画・開発・販売を行っています。
主として当社が企画・開発した商品(取扱品の80%程度)を数多ある協力工場に製造委託し、「ATOM」ブランドで国内全域の家具メーカー、建築金物店、ハウスメーカー、住宅設備機器メーカーなどに販売しています。取扱いアイテムは年々増加し、現在では5万アイテムを超える数にのぼります。
取扱いアイテムの大半がBtoBであるため一般消費者との直接の接点が少なく、意外なほど身近な商品を企画開発しているにも関わらず社名・「ATOM」ブランドは一般消費者にあまり知られていない現状にはありますが、最近ではショールーム機能を有するCSタワーがテレビ番組に度々取り上げられ、来場者数が増加していることから、当社の認知度も徐々に向上しています。

 

Qどのような商品を取り扱っていますか?
A 住宅用内装金物全般を取り扱っている会社です。皆様の住宅の身近なところで活躍しています。

 

Qアトム製品はどこで買えますか?
A 当社ホームページ掲載の「全国の弊社金物取扱店」または、当社「ショールーム(東京大阪)」や「アトムダイレクトショップ(オンラインショップ)」をご利用ください。

 

Q 経営指標について教えてください。
A 指標については、下記のとおりとなっております。(2019/8/23現在)

売上高(前期比) 10,589百万円(+1.0%)
営業利益(前期比) 664百万円(+5.5%)
経常利益(前期比) 687百万円(+4.7%)
当期純利益(前期比) 434百万円(-2.8%)
1株当たり当期純利益(EPS) 108.92
 自己資本当期純利益率(ROE)  4.95%
 株価純資産倍率(PBR)  0.62倍
 株価収益率(PER)  12.85倍
 自己資本比率  74.4%
 1株当たり純資産(BPS)  2,233.4円
 配当性向  32.1%
配当利回り  2.50% 

また、当社ホームページにも掲載しておりますので、下記のリンクよりご覧ください。

 

Q 住宅産業が先細りである中で、どのように成長しようと考えていますか?
A 非住宅分野(店舗・病院・教育・福祉施設など)やリフォーム・リノベーション事業領域の拡大を目指していきます。
少子高齢化に伴う世帯数の減少、性能向上による住宅の長寿命化などを要因として、新設住宅着工戸数は減少傾向で推移することが予想されており、金物業界においても、市場規模の縮小による競争の激化に加え、零細な金物屋においても、後継者・人手不足が顕在化するなど、今後さらに淘汰や整理統合・再編が進むことが想定されます。
そのような中、当社としては内装金物の全般に目を向けた裾野の広い堅実な商品開発を軸に、柔軟かつ機動的な市場戦略の下、全方位営業ネットワークの優位性を活かし、新築住宅市場から幅を広げるべく、非住宅分野(店舗・病院・教育・福祉施設など)への事業領域の拡大を一丸となって目指していきます。

 

Q 海外戦略については?
A 第63期に新規市場の開拓と価格競争力を強化するという観点から、「上海阿童木建材商貿有限公司」を、第64期には今後の成長が期待される東南アジアに、当社全額出資の子会社「ATOM LIVIN TECH VIETNAM COMPANY LIMITED(ホーチミン市)」を設立しました。
今後については、海外協力工場の開拓、現地販売ならびに日本国内への商品供給の拡大に注力し、新たなものづくり体制の確立と価格競争力の強化を図るため、海外の現地法人を有効に活用していきたいと考えております。

 

Q 配当については?
A 当社は、株主の皆様に対する利益還元を最重要課題として位置付け、積極的な配当を行うことを基本方針に掲げており、第10次中期経営計画(65期~67期)における年間配当金については、常に着実な株主還元を目指すべく「年間普通配当金は利益水準のいかんに関わらず、最低でも1株当たり30円を維持する」ものとしており、更に5年毎の周年記念配当を予定しています。
2019年6月期は、アトムブランド誕生65周年の記念配当2.5円を含む期末配当金を17.5円とし、創業115周年の記念配当2.5円を含む中間配当金の1株当たり17.5円と合わせて、年間配当金を35円とさせていただく予定です。
また、2020年6月期については、業績の通期見通しに基づき普通配当は1株当たり年間30円を予定させていただき、第10次中期経営計画の中間年度となる第66期の上半期には「法人改組65周年」を迎えることから1株当たり2.5円の記念配当を予定させていただきます。
※2018年10月「創業115周年」、2019年1月「アトムブランド誕生65周年」、2019年10月「法人改組65周年」を迎えます。

 

Q 株主優待は実施していますか?
A 65期末(2019年6月末)より株主優待制度を開始いたしました。
内容につきましては、「QUOカード」「当社関連指定商品の20%割引」の2本建てとし、幅広い株主様のご要望にお応えするため、「クオカード」に換えて日本赤十字社への寄付を選択できる優待制度といたしております。
株主優待制度の詳細はこちらからご覧ください。

当社関連指定商品の20%割引 指定商品の一例

「日経IR・個人投資家フェア2019」に出展しました

  • 2019年8月26日

8月23日(金)・8月24日(土)の2日間、東京ビッグサイトにて開催された「日経IR・個人投資家フェア2019」に出展いたしました。(ブースNo45)
会期中は、当社ブース並びに会社説明会にたくさんの方にお越しいただき、誠にありがとうございました。
会期中に配布させていただきました主な資料は、下記のとおりとなっております。
  ・2019会社案内・第10次ATOM中期経営計画(要旨)
  ・株主優待制度のご案内
  ・2019秋の内覧会のお知らせ
  ・第10次中期経営計画
  ・2019年6月期 決算短信
  ・アトムニューズ
  ・2019年6月期中間報告書

初日から多くの方がブースにお立ち寄りくださり、とても熱心に説明を聞いていただきました。
展示していた弊社商品をご覧いただきながら「家の中でちょっとしたことだけど、必要なものだよね」「こういったIRイベントには多く出展した方がいいよ」などたくさんの方とお話しでき、「検討してみるよ」など、ありがたい言葉もいただきました。
また、2日目の会社説明会も立ち見が出るほど多くの方にご出席いただき、本当にありがとうございました。

多くの上場企業の中、当社のように住宅の中で身近なところにあるのに、なかなか目に触れる機会が少ない製品を提供している会社にとって、「日経IR・個人投資家フェア2019」に出展することは、投資家の皆様に知っていただく大きなチャンスであると思っております。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

 

「日経IR・投資フェア2019」出展のお知らせ

  • 2019年6月18日

当社は、8月23日(金)・8月24日(土)の2日間、東京ビッグサイトにて開催される日本経済新聞社主催「日経IR・投資フェア2019」に出展いたします。
期間中は企業ブース出展のほか、特設会場にて会社説明会を実施いたします。
この機会に少しでも多くの投資家の皆さまに、当社へのご理解を深めていただければと考えております。
皆様のご来場をお待ちしております。

 

■日経IR・投資フェア2019
日 時:2019年8月23日(金)~8月24日(土) 10:00~17:00
会 場:東京ビッグサイト 西1ホール
主 催:日本経済新聞社
入場料:無料
URL:http://ir.adnet.jp/

 

<お問い合わせ>
アトムリビンテック株式会社 経営企画室
TEL:03-3876-3939
こちらからも受け付けております。 

 

 

Back To Top