skip to Main Content

ドア・引戸・折戸などの建具金物、クローゼットなどの収納の金具や家具金物、手摺や物干し金物など「住まいの金物」の製造、販売。

メッキの種類と特徴

電気メッキ
電気メッキの方法は、電解液中で、メッキされる金属製品を陰極にし、付着させたい金属を陽極にして、直流を流し、陽極を電気分解して金属イオンとし、電解液中を通って陰極即ち製品に付着させます。

電気メッキの原理

school4-1
school4-2

電気メッキ以外のメッキ

  • 溶融メッキ
    溶融メッキとは、亜鉛とかアルミニウムなどの比較的低融点の金属を溶解した層の中に、鉄を通過または浸漬させてメッキする方法です。鉄板に亜鉛合金を被覆したものが「トタン」であり、錫を被覆したものが「ブリキ」です。また、アルミニウムを被覆したものが「アルミナイズド鋼板」と呼ばれているものです。以上のように鉄板を連続して通過させて被覆する方法以外に、品物を漬ける ”どぶ漬け” ”てんぷらメッキ”などといわれている方法もあります。特に亜鉛メッキに多いようです。これらが電気メッキと異なる点は、素材と被覆金属との間に合金層が出来ることで密着性と耐食性を著しく向上させます。
  • 真空メッキ
    真空蒸着メッキ法は、近年、プラスチック製品の進出に伴って、盛んに用いられてきたメッキ法です。真空中で、メッキ使用とする金属を加熱蒸発させ、品物の表面に凝集させる方法で、非金属にもメッキが可能です。光沢に優れているが膜厚は非常に薄い特徴を持っています。「金物」でも多用されています。
Back To Top