すずがみ -KANAGUオリジナル柄-

HPパーティー

「すずがみ」は、通常の錫の板と違い何回も圧延を繰り返し、さらに「金槌で叩く」ことにより、
曲げ延ばしによる劣化が少なくなった、折り紙の様に簡単に折ったり曲げたり出来る錫のお皿です。

 

そのすずがみを作りだしたのは、明治42年創業の寺院用のおりんを専門に製造している
シマタニ昇龍工房ブランド「syouryu」。
全国に10人に満たない「おりん職人」が3人おり、「金鎚で叩く」ことにより板を絞り、
丸みを整え、音を調律することでおりんを制作しています。
この「金鎚で叩く」技術により生まれてくる新しいアイテムを作り続けています。

 

「高岡らしく、鍛金職人らしく、そして生活の中で使うことのできる新しいプロダクトを作る」
その考えが新ブランド・新商品の誕生へとつながりました。
「すずがみ」と名付けたその商品は、その名の通り、
紙のように薄くて自由に曲げることのできる新しい錫商品の提案です。
圧延された錫の板を繰り返し金鎚で叩くことで、模様を付けるだけではなく、
繰り返し曲げることに耐えられる強さを備え付ける、鍛金職人ならではの商品となりました。

 

top3

 

通常の模様は3種類あります
すずがみ

金槌の鎚目を日本の美しい気象現象に見立てて模様づけしているそうです。
そしてKANAGUオリジナル柄は下の画像の上段右端『柳-やなぎ-』と下段真ん中『滴-しずく-』

こちらの2つの柄もすべてのサイズでご用意しております。

名前もスタッフで出し合って命名しました。
とくに「柳」は形を変えることで、
柳の葉が揺れているように見えてオススメです。
金属なのにスーッと自由に曲がる、すずがみの新しい感覚をお楽しみください。

 

すずがみ
11×11 2,200円(税抜)、13×13 2,750円(税抜)
18×18 5,500円(税抜)、24×24 9,700円(税抜)
*2018年6月1日 値段改定

素 材:錫(圧延)
サイズ:11×11 , 13×13 , 18×18 , 24×24
模 様:あられ、さみだれ、かざはな、柳、滴
作り手:syouryu
オンラインショップのご購入はこちらからどうぞ

 

縁を結ぶギフト包装