りんごりん

HPりんごりん

伝統工芸高岡銅器の町で、明治40年に創業した山口久乗さんは、
銅器の仏具を中心につくってきました。
伝統を守りつつ、時代の息吹と祈りの心を形にして、
仏具に新しい風邪を吹き込んでいます。
りんごりんは、音の響きを楽しめるおりんです。
おりんはどこかに触れてしまうと、音が消えてしまいます。
そのため、おりんの周りを囲むりんごの形のフレームは、
音の響きが最後まで楽しめるようにデザインされました。
りんごの中で浮かぶおりんは音も見た目も楽しませてくれます。
ころんとしたりんごの形はみずみずしく、あまく、 心にやさしい音をならします。
毎日に潤いをあたえてくれそうな しあわせのおりんです。

「りんごりん」 10,000円(税別)
素 材:おりん/銅合金、銅メッキ仕上げ
.    つまみ/銅合金、パラジウムメッキ仕上げ
.    振り子/ヘマタイト(天然石)
フレーム/アルミニウム
サイズ:W80×D50×H75㎜
メーカー:山口久乗