skip to Main Content

ドア・引戸・折戸などの建具金物、クローゼットなどの収納の金具や家具金物、手摺や物干し金物など「住まいの金物」の製造、販売。

アトムブランド誕生65周年を迎えました

 

2019年1月、アトムブランド誕生65周年を迎えます。
65年の長きに亘り、皆様にご愛顧頂き、誠にありがとうございます。
これからも当社は、内装金物(住まいの金物)の総合メーカーとして、時代のニーズや変化に対応した、
次世代を担う商品の企画・開発に取り組んでまいります。

 

そこで、今回はアトムニューズ190号「What is ATOM ?」にて、「アトム」について、高橋良一社長にインタビューした記事をご紹介します。

Q 「アトム」の名称には、どんな意味があるのですか?
よく訊かれる質問ですが、かつて古代ギリシャの哲学者たちは、「アトム」とは「分割不可能な存在」であり、「事物を構成する最小の単位」と考えていたそうです。私どもは、ものづくりの原点として「微細なものをないがしろにしない」という意味合いや、創業者から伝えられている「基本に忠実であれ」という想いを込めて「アトム」の名を冠したブランドを誕生させたのです。

Q アトムブランド誕生のきっかけとは?
もともと和家具の金物には、昔から「桐唐草前飾金具(きりからくさまえかざりかなぐ)」とか「丸宝船前飾金具(まるたからぶねまえかざりかなぐ)」、あるいは「丸半月釻(まるはんげつかん)」「櫛形釻(くしがたかん)」のように文様がすぐイメージできる伝統的な呼び方が商品名になっていました。ところが生活の洋風化がすすんで洋家具が普及するようになったものの、洋家具の金物にはそうした商品名がありませんでした。そこで、当社の主力商品に「アトム」の名を付けて販売していくことにしたわけです。1953年(昭和28年)発売の「アトム1号棚受」が、アトムブランド誕生の第一歩でした。

アトム1号棚受

アトムニューズ190号はこちらから。

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はアトムリビンテックをご愛顧賜り、誠にありがとうございました。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

年末年始休業のお知らせ

2018年もあと4日。最近では「平成最後の・・・」というような言葉をよく耳にしますが、平成も残り4ヵ月ちょっと。皆様にとってはどんな時代でしたか?
急に気温が下がり、体調を崩しやい時期ですが、お体に気を付けて年末年始をお過ごしください。

 

弊社は、本日が本年の最終営業日となり、新年は1月4日(金)より営業いたします。

 

今年もアトムリビンテックをお引き立ていただきありがとうございました。
来年も皆様にとってよい年でありますように。
引き続きアトムリビンテックとATOM’s TODAYをよろしくお願いします。

Back To Top