skip to Main Content

ドア・引戸・折戸などの建具金物、クローゼットなどの収納の金具や家具金物、手摺や物干し金物など「住まいの金物」の製造、販売。

昭和30年当時の下町の商家

本社受付には、昭和30年当時の旧社屋を再現した模型があります。
こちらは社長 髙橋良一の幼少時の記憶を辿りながら再現したものです。

建物自体は関東大震災後の昭和3年に再建し、以来、業態の変化や従業員の変動等の理由から何度かの増築と改築を加えつつ、昭和47年まで使われましたが、昭和30年当時はこのような間取りになっていました。

 

①彫金作業場
通いの彫金職人が作業台に向かって終日座り込み、小ぶりの鏨(たがね)と金槌だけで、黙々と桐箪笥の飾り丁番に図柄を彫り続けていた。

②台所
台所には床下収納が設けられ、納戸前は女中連の食事場となっていた。

③風呂場
奉公人は近くの銭湯を利用し、この風呂場はもっぱら家人が使用していた。

④八畳間
一隅には帳場が設けられていた。食事の際には、主人を含めて家人と奉公人の隔てなく、一様に箸立ての塗り箸で食することが習わしであった。

⑤店先
桐箪笥金具のセット組みや荷造りなどが行われていた。荷造りは手作業で、リンゴ箱と荒縄に鎌、隙間を埋める古新聞紙などが使われていた。また、正月の祝いや従業員の酉の市の会食などもこの場で催されていた。

⑥商品庫
戦後は次第に卸売が主体となり、小売り客と接するカウンターは殆ど使われていなかった。当時は後方に、渋紙を貼ったリンゴの木箱を積み重ねた商品棚を設け、周囲の頑丈な木組みの棚も含めて、夏場の閑散期には金物で満杯となっていた。

 

⑦隠居の間
創業者の妻の居室で、長火鉢の向こうが日常の定位置であった。

⑧陸屋根から物干台まで
陸屋根には鉢植えや金魚池、ときには犬小屋などがあった。屋上の物干台は周囲が一望でき、隅田川の花火大会の折には、懇意の方々も招いて宴を張っていた。

⑨勉強部屋
永らく昵懇の間柄であった大工の棟梁に委託し、その手によって増築された部屋だが、当時としては珍しい発想の設計であった。

⑩客間
日常は当主の居間寝室でもあり、床の間脇には蓄音機が、違い棚には竹之内久一作の仁王像などが置かれていた。また、廊下を挟んで陸屋根へと続く憩いの場でもあった。

⑪十畳間
渋紙を貼ったリンゴ箱で作った書棚があった。出入りの職方を招く酉の市などの折には、これらを移動して襖もすべて取り払い客間と繋げた広間として活用していた。

「2018春の新作発表会」レポート

 

大阪(4/12~4/14)と東京(4/19~4/21)にて「2018春の新作発表会」を開催しました。
今回は、展示会の様子を簡単ですが、ご紹介したいと思います。

 

●大阪展

●東京展

 

●3連引戸ダブルオープン

大きな開口を間仕切る際に、3枚の扉を連動させる吊戸が用いられますが、今回ご提案した新しいシステムでは、中央の扉を固定することにより、従来は動かせなかった戸尻側の扉を開閉することができます(写真は収納のイメージです)。
詳しいご紹介はこちらからご覧ください。

 

●SW-900

総質量40kg以下(パネル1枚)に対応した、フロアーを必要に応じてフレキシブルに間仕切る移動間仕切金具です。
リビングを広げる、個室を設ける、収納を増やす等、カスタマイズすることで家族構成や暮らし方に合った間取りを作り出すことが可能です。
木製パネルやアルミフレームパネルを組み合わせ、トレンドな仕様でのお部屋作りをご提案させて頂きました(写真はアルミフレームにガラスを組み合わせたパターンです)。
詳しいご紹介はこちらからご覧ください。また、弊社ホームページ「アトム動画ぎゃらりー」にて動画も公開中です。

 

●感震くん3

地震時に食器棚の扉をロックする「感震くん2」をバージョンアップしました。
ロック作動後の解錠操作が不要になりました。
詳しいご紹介はこちらからご覧ください。また、弊社ホームページ「アトム動画ぎゃらりー」にて動画も公開中です。

 

●LIVIN’ ZONE ~暮らしの提案ソーン~(CSタワー2階)

大開口間仕切引戸や移動間仕切金具を実際の住空間に近い状態でご覧いただける「LIVIN’ ZONE」に、ウォークインクローゼットやシューズインクローゼットなど、「収納」をテーマにしたゾーンを新たにオープンしました。

シューズインクローゼット

上吊引戸 戸袋納まり

住空間ご提案ゾーンは弊社ホームページ「アトム動画ぎゃらりー」にて公開中ですので、是非ともご覧ください。

●錺-Kazari-(CSタワー1階)

職人が手わざで仕上げた内装装飾やマテリアルのご提案をしています。
写真左より「モメンタムファクトリー・Orii」、「かなぐや」、「KAMISM」
詳細は「2018春の新作発表会」CSタワー展示のご案内をご覧ください。

 

 

アトムCSタワー8階にIRフロアをオープンいたしました。

 

会期中は、たくさんのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました。
展示会終了後も大阪・東京の両ショールームに一部の商品を除き、展示してございますので、いつでもお越しください。

 

◇東京ショールーム「アトムCSタワー」
 住所:東京都港区新橋4-31-5 TEL:03-3437-3440
 HP:https://www.atomlt.com/cstower/
 OPEN:10:00〜18:00(月〜金)
 CLOSE:土・日・祝日(祝日を除く第1・第3土曜日は営業します。)

 

◇大阪ショールーム「アトム住まいの金物ギャラリー大阪」
 住所:大阪府吹田市広芝町18-5 TEL:06-6821-7281
 HP:https://www.atomlt.com/showroom/showroom_osaka
 OPEN:10:00〜17:00(月〜金)
 CLOSE:土・日・祝日

「2018春の新作発表会」へのご来場ありがとうございました

 

東京・大阪で開催いたしました「2018春の新作発表会」にお忙しい中、多くのお客様にご来場いただきまして誠にありがとうございました。
ATOM製品をご覧いただくとともに、たくさんの貴重なご意見・ご指導をいただく良い機会となりました。
この展示会の模様は、後日「ATOMs TODAY」にてレポートを掲載いたします。

次回2018年10月に開催いたします「2018秋の内覧会」にも是非とも足をお運びください。お待ちしております!

Back To Top