欅(ケヤキ)

欅はとても水に強く、耐久年数が長い木材です。北海道を除く日本各地に自生していますが、じつは日本固有の樹木ともいわれています。

その高い耐候性から神社や仏閣にもよく使われ、そのため京都東山にある清水の舞台の柱としても数多く使われています。時に玉杢(たまもく)といわれる美しい表情の木目を有するのも特徴のひとつで、古くは正倉院宝物をはじめ、建具、家具、装飾品などにも珍重されてきました。さまざまな木の杢は、成長過程で地中から吸い上げられたアグロバクテリウム菌などが、繊維に複雑な曲線を描くことにより生まれるそうです。研究とともに明かされる自然界のドラマチックな現象に興味はつきません。

監修 石塚典男(木香家)

出典:アトムニューズ203号 8ページ
「アトムニューズ」バックナンバー