ページの先頭です。

住まいの飾り職人 ATOM

トップページ > 会社情報 > ATOMについて > 環境・社会への取り組み

環境・社会への取り組み

ATOMについて

環境方針

アトムリビンテック株式会社は、環境保全および汚染の予防を推進することが最重要課題のひとつであることを認識し、内装金物(住まいの金物)の設計・開発・製造管理・販売を通して、人や社会、自然や地球にやさしい、環境に配慮した企業をめざします。

  1. エコロジーとエコノミーを同化(環境と経済の両立)させた商品の設計・開発・製造管理・販売に取り組みます。
  2. 省資源・省エネルギー、グリーン調達、廃棄物の発生抑制などを通して、環境保全および汚染の予防を推進します。
  3. 環境関連法規および同意したその他の要求事項を順守します。
  4. 環境マネジメントシステムを構築して、継続的に改善します。
  5. 全従業者への環境マネジメントシステムに関する教育・訓練を通して、環境意識を向上します。
2011年4月20日
アトムリビンテック株式会社
代表取締役 高橋 良一

環境マネジメントシステムISO14001認証取得

当社ではISO14001(2006年8月認証取得)に則り、設計の基本段階から有害物質を排除するといった取り組みを継続するなど、エコロジーとエコノミーを同化させた事業活動を展開しています。

登録証

環境・福祉・ユニバーサルデザインに配慮したものづくりの推進

住生活に関する環境配慮型商品を通じて、企業の社会的責任を果たすことに努めています。

ソフトクローズ関連商品
ユニバーサルデザインやバリアフリーという考え方が広まる中で、開閉音の解消、建具にかかる負荷の軽減による住宅の長寿命化、指ばさみ防止などの観点からクローズ機構への市場ニーズが拡大しています。
日本固有の文化とも言える引き戸の利便性・安全性が、国内にとどまらず海外においてもあらためて注目される中で、機能商品としての特異性を活かすことにより、介護、福祉、エコ、リフォーム、キッズデザインなどのさまざまな分野において新たな可能性を追求します。
快適提案品シリーズ
業界に先駆けてユニバーサルデザイン思想を反映させた商品開発に取り組んできた戦略商品です。

ナビゲーションメニュー

このページの先頭へ戻る